五反田駅より徒歩2分のintexビル レンタルオフィス

バーチャルオフィス:バーチャル会員規約

施設名 SOHO オフィス Pro & Management(以下「本施設」という。)の利用等に必要な事項その他について、サービス提供契約上のサービス提供者(以下「甲」という。)とサービス提供契約上の契約者(以下「乙」という。)の間で施設利用規約(以下「本利用規約」という。)を次のとおり定める。
第1条(定義及び基本原則)
  • 1.本利用規約中において、以下の意味を有するものとする。「会員」とは、サービス提供契約上の契約者(乙)を意味する。「利用者」とは、サービス提供契約上の契約者、その登録されている者、来訪者、その他関係者を意味する。
  • 2.本施設において、各利用者がお互いに円滑な共同利用を推進し、かつ良好な業務環境の維持増進を図るために、次条以下に定める事項を尊守しなければならない。
第2条(受付対応時間)

受付業務は土曜日、日曜祝祭日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く月曜日から金曜日の午前9:00から午後5:00まですることとする。

但し、台風、水害、地震火災等の天災発生時、交通ストなどの緊急時は受付業務を中止する場合がある。

第3条(会員権)
  • 1.本施設会員権は「バーチャル会員」とし、各1人を単位として、本施設会員権が乙に付与されるものとする。
  • 2.本施設会員権はサービス提供契約に定めるサービス提供期間の開始日に乙に付与され、サービス提供期間中有効とし、サービス提供期間の終了と同時に失効する。
  • 3.サービス提供期間中に他の「会員」への変更を行う場合、あらたに入会金を納めることなく契約ができる。
  • 4.本条第3項の規定は、乙の旧契約が乙の責めに帰すべき事由による場合または両当事者の責めに帰さない事由による消滅により終了した場合は適用されない。
  • 5.甲は、乙に対して、理由の如何を問わず、いかなる場合においても、入会金は返還しないものとする。
第4条(郵便物等の取扱)

本施設に配達される乙宛の郵便物については、指定先への転送、書留郵便の受取代行、小荷物のお預りサービス(1ヶ月を限度とし、受付時間内に受取可能)を有料にて行う。但し、下記1項から8項迄は取扱できないものとし、着払・代引きの宅配便等については、乙からの事前連絡の上、代金が事前精算されない限りは取扱しないものとする。

下記に該当するものは受け取れない。 また受取らないこと、返送または破棄したことにより利用者または第三者が損害を被った場合でも当方は一切損害の回復及び損害賠償の義務を負わないものとする。

  • 1.携帯電話・現金書留・高額な代引きや着払い
  • 2.保管が難しいもの⇒(生モノ、クール便、生き物、危険物など)
  • 3.個人の利用の場合で金融関連の類で請求書や明細を除くもの⇒(クレジットカード作成、銀行口座開設関連、証券口座開設関連など)
  • 4.金銭、証券、小切手などの現金価値があるもの⇒(現金書留、郵便為替、小切手など)
  • 5.住民票を置かなければ送られてくる事が無いもの⇒(利用規約上、住民票を置く事が出来ません。 よって、住民票を置かなければ送られてこないパスポート関連や年金関連の郵便物は受け取れません)
  • 6.契約登録されていない名義・宛名の郵便物や宅配物
  • 7.保証金などの預かり金
  • 8.内容証明、特別送達など
  • 他、運営者が受け取りに不適切だと判断したもの
第5条(注意事項)

乙は、本施設内における日常の業務において、次の各号に定める事項に注意しなければならない。

  • ①施設内においては静穏を保ち(音楽等を再生する場合にはヘッドホン等を必ず着用するなどし)、他の利用者の迷惑となるような行為をしてはならないこと
  • ②共用スペースの使用後は机などの備品を元の状態に戻し、ごみを放置しないこと
  • ③階段、通路等で騒音を発生させないよう、また夜間における階段、廊下等での話し声などに注意し、他の利用者に迷惑をかけないこと
  • ④共用スペースは常に清潔に保つこと。汚した場合は各自が自主的に清掃しなければならないこと
第6条(禁止事項)

乙は本施設の利用に当たり、次に掲げる行為をしてはならない

  • ①適法に所持を許可されていない鉄砲、刀剣類または爆発性、発火性を有する危険な物品等および悪臭を発する物品を製造または保管すること。その他、甲が不適当と判断した物品を製造または保管すること
  • ②大型金庫その他の重量の大きな物品等を搬入、または備え付けること
  • ③動物を本施設内に搬入し飼育すること
  • ④本施設内で宿泊すること
  • ⑤本施設内および建物の周辺等において声高、放歌、放吟、罵声等を発しあるいは喧騒な行為を行うこと
  • ⑥本施設内の共用スペース、提供スペースおよび廊下、階段、トイレ等または建物敷地内において喫煙すること、ただし甲が特に喫煙を許可した場所を除く
  • ⑦3階ラウンジ並びに廊下、階段等で食事をすること
  • ⑧共用スペース等を広範囲にわたり長時間占領し、他の利用者の妨げになること。また共用スペース等に、席の確保などを目的として物を置いたまま立ち去り、また物を放置すること
  • ⑨建物の内外を問わず壁面、床、手すり等に傷をつけ、落書き等をすること
  • ⑩カードリーダーにより施錠管理されている扉及び自動ドアを開放すること
  • ⑪各種ゴミを所定の場所以外に放棄または放置すること
  • ⑫配水管を腐食させるおそれのある液体、布、綿、ビニール又はゴム製品等不溶性の物質などを流すこと。
  • ⑬階段、廊下等に物品を置くこと
  • ⑭本施設内で物品等の販売、勧誘行為を行うこと
  • ⑮本施設内で行事や集会を催すこと、ただし事前に甲の書面による承認を得たものを除く
  • ⑯本施設内で賭博および風紀を乱すような行為、その他法令に違反するような一切の行為を行うこと
  • ⑰電話、電灯、電力、水道その他の配線、配管、器具および諸造作設備等の新設、増設、変更を行うこと、ただし事前に甲の書面による承認を得たものを除く。
  • ⑱甲が提供するサービスを用いて、虚偽あるいは架空の身分等を詐称するなどの犯罪行為またはそれに結びつく行為を行うこと
  • ⑲本施設内の設備機器利用のために甲が乙に与えたID、パスワード等を不正に使用すること。また本施設内のネットワークに侵入し他の利用者の情報を覗き見、破損行為を行ったり、ウィルス対策ソフトをインストールしていないコンピュータを使用する等、ネットワークそのものに障害をもたらす行為を行うこと
  • ⑳その他サービス提供契約で禁止している事項、および本施設、建物の営業、安全管理上の妨げとなる一切の事項
第7条(災害防止)

    乙は、災害防止について、次の事項を遵守しなければならない

  • ①災害予防・防犯に特に注意し、万一火災、盗難等が発生した場合には、直ちに消防署または警察署に通報すること
  • ②火災発生時の避難の際は、可能な限り窓や扉を閉めて延焼を防ぐ処置を講じたうえ、早急に避難すること
  • ③火災、地震発生時に避難する場合は、絶対にエレベーターを使用しないこと
第8条(通知事項)

乙は、本施設の利用に当たり、次に掲げる事項に該当するときは、甲に通知しなければならない。

  • ①乙の名称、住所、商号、本店所在地、代表者、連絡先、その他登録事項に変更があったとき
  • ②登録者及び連帯保証人の氏名、住所、連絡先、勤務先を変更するとき
  • ③本施設または共用スペース等が汚損、破損または滅失したとき
  • ④会員登録者証、および甲より貸し出された機器等を紛失したとき
  • ⑤乙が甲に届け出た連絡先を2週間以上連続して留守にするとき
  • ⑥その他甲が指定する事項
第9条(共用スペースの利用)

    乙は、ラウンジや会議室(有料)などの共用スペースを来客時の接客等にのみ使用できるが、他人の迷惑になる利用者は退席を命じる場合もある。

    会議室の利用については原則として、利用1ヶ月前から予約することができる。他の会員等の予約が入っていなければ当日でも利用できる。但し、その際も予約の連絡を必要とする。

    また、乙は共用スペースについて、甲の開催するセミナー等によりその利用の全部または一部が制限される場合があることを予め承諾する。

第10条(退会)
  • 1.乙は、サービス提供契約に定める通り、サービス提供期間中であっても、サービス提供者に対して契約終了の1ヶ月前までに、書面による予告をもって解約を申し出ることができるが、申し出に当たっては所定の様式によるものとする。
  • 2.サービス提供期間の終了までに、乙は会員登録者証、その他甲よりリースを受けているもの等について、甲に返還しなければならない。
  • 3.サービス提供期間中に、本施設住所を乙の法人の本店又は支店所在地として登記している場合は、利用契約終了の際に本店又は支店所在地を移転するとともに、その住所を移転登記後の商業登記簿謄本をもって甲に届け出るものとする。
  • 4.サービス提供期間中に、本施設住所への郵便物の送付を行っている場合は、利用契約終了と同時に乙は郵便局に転送届を提出するものとする。
第11条(違反行為に対する防止措置)
  • 1.甲は、乙が本利用規約に定める事項に違反するおそれのあるときは、乙に対して警告を行い、または中止させ、もしくは原状回復を求めることができる。
  • 2.前項の措置に要する費用は、すべて措置の対象となった乙が負担するものとする。
第12条(ゴミ処理)

ゴミ処理については、次に掲げる事項を遵守しなければならない

  • ①別途甲の定める分別収集のきまりを守り、甲の指示に従うこと
  • ②多量の廃棄物を出すときは、所轄の清掃事務所へ連絡して、その指示に従うこと
  • ③その他、甲の定める事項
第13条(会員の義務)
    乙は本利用規約の規定について自ら遵守するとともに、その登録者、来訪者または関係者等の利用者に対しても本利用規約の内容を十分に説明し、また、これを遵守させなければならない。
第14条(損害賠償、契約解除)

乙が本利用規約の規定に違反した場合、甲はサービス提供契約および本利用規約に基づき、乙に対し損害賠償請求および無催告にて即時契約解除をすることができる。

第15条(管理運営業務の委託)

乙は、以下の事項を承諾するものとする。

  • 1.本施設の管理運営業務を甲が第三者(以下「運営受諾者」という)に委託すること。
  • 2.運営受諾者が甲に代行して、本会員規約に定める甲の業務を行うこと。
第16条(免責)

甲は、サービス提供契約の免責条項で定める事項、本施設内での盗難、利用者間の紛争、または本施設のネットワークなどを通しての破損行為等による乙の損害については、その責を負わない。

第16条(会員利用規約の変更と掲示)

甲は必要と認めた場合、本利用規約を変更できるものとし、変更した場合はその内容を乙に周知するものとする。

乙は、かかる変更後の利用規約についても遵守しなければならない。

第18条(規則等)

本利用規約およびサービス提供契約に定めのない事項については、甲が別途定める規則等によることとし、甲はその内容を乙に周知するものとする。

第19条(反社会的勢力の排除)

甲は乙が下記のいずれの項目に該当したことが判明した場合は本契約を解除することができる。

  • 1.暴力団、暴力団関係企業関係者またはその構成員(以下総称して「反社会的勢力」という)の場合。
  • 2.反社会的勢力に自己の名義を利用させた場合。

以上

(2018年2月26日改定)


お気軽にお電話でお問い合わせください。 TEL:03-3495-4112 平日9時~17時
メールでも受け付け中